お知らせ

アトピー性皮膚炎 女性医師 尼崎 新薬 皮膚科

アトピー性皮膚炎の新治療薬ミチーガ取り扱い開始のご案内 | 尼崎・安田皮フ科

アトピー性皮膚炎の最も辛い症状は痒みであり、その痒みをターゲットにした薬剤が新治療薬のミチーガです。痒みを抑え、掻き破ることでさらに痒みが増強するという悪循環(itch scratch cycle)を断ち切ることでアトピー性皮膚炎の症状を軽減させます。アトピー性皮膚炎の痒みの原因物質としてIL-31が中心的な役割を果たすと考えられています。ミチーガはIL-31の受容体拮抗薬です。また痒みの軽減に伴い皮膚症状の改善も期待できます。尼崎・安田皮フ科では、ミチーガに対する治療も開始しております。

 

ミチーガの使用にあたっては下記のような条件がついています。
①アトピー性皮膚炎に伴うそう痒(既存治療で効果不十分な場合に限る)

 具体的にはステロイド外用薬を4週間、抗ヒスタミン剤を2週間使用しても痒みが取れない方

13歳以上の方

 12歳以下の方は適応がなく投与ができません。一方で中学生の方からミチーガでの治療を行うことができます。

③多額の費用がかかります
保険適応が認められていますが、3割負担の方で月4万円ほどの治療費がかかります。
尼崎市にお住いの中学生の方は医療補助を受けられる可能性がございます。

④月に1回の来院が可能な方
ミチーガは4週に1回のペースで注射をするお薬です。

⑤外用治療も併用できる方

 

現在、症状のコントロールに困られている方は、まずは尼崎・安田皮フ科にご相談ください。

お知らせ一覧に戻る