お知らせ

とびひ 膿痂疹

膿痂疹(とびひ)|兵庫県尼崎市 安田皮膚科

膿痂疹(とびひ)は細菌が皮膚に感染することで生じる疾患です。膿痂疹(とびひ)は皮膚の一部にできた水ぶくれやただれをかきむしった手を介して、同じ皮膚の症状が全身に広がっていきますが、その状況が家事が隣の家に飛び火していく様子に似ていることから、とびひとも呼ばれる。黄色ブドウ球菌や化膿連鎖球菌、A群ベータ溶連菌の作る表皮剥脱毒素(菌体外毒素)が原因で膿痂疹(とびひ)の症状が出現します。膿痂疹(とびひ)には水疱性膿痂疹(とびひ)と痂皮性膿痂疹(とびひ)の2種類があります。水疱性膿痂疹(とびひ)は主に幼稚園児までの乳幼児が夏季にかかることが多いですが、痂皮性膿痂疹(とびひ)は季節も関係なく、年齢にも関係なくかかります。水疱性膿痂疹(とびひ)は乳幼児だけでなく大人もなり、アトピー性皮膚炎などの皮膚が元々荒れている方に多く発症します。尼崎・安田皮膚科では膿痂疹(とびひ)の診療を行っております。膿痂疹(とびひ)のことなら気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

 

尼崎・安田皮膚科 06 6483 5552

 

膿痂疹(とびひ)の原因菌の一つで、その多くの原因である黄色ブドウ球菌は鼻の穴にいる常在菌のため、鼻を触っているために広がることもある。感染力が強く、他の膿痂疹(とびひ)の人から感染こともありますし、感染させられることもあります。膿痂疹(とびひ)の方はタオルや衣類の共有は禁止です。尼崎・安田皮膚科では膿痂疹(とびひ)の診療を行っております。膿痂疹(とびひ)のことなら気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

 

尼崎・安田皮膚科 06 6483 5552

 

水疱性膿痂疹(とびひ)は顔から症状が出始め、徐々に全身に水ぶくれやかゆみが広がっていきます。季節は夏に多いです。痂皮性膿痂疹(とびひ)は、発熱や喉の痛みなどの全身症状に加えて、季節に関係なく全身に症状が出現します。広範囲の皮膚がむけて重症化する場合もあるので注意が必要である。プールは膿痂疹(とびひ)の症状悪化の可能性や他者への感染リスクのため禁止です。尼崎・安田皮膚科では膿痂疹(とびひ)の診療を行っております。膿痂疹(とびひ)のことなら気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

 

膿痂疹(とびひ)の治療は、膿痂疹(とびひ)の原因となる細菌を退治するための治療です。抗生剤の内服薬、抗菌薬入り塗り薬を使用して膿痂疹(とびひ)は治療します。膿痂疹(とびひ)はかゆみが強い場合は、かゆみを抑えるために、抗ヒスタミン薬を服用することもあります。尼崎・安田皮膚科では膿痂疹(とびひ)の診療を行っております。膿痂疹(とびひ)のことなら気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

 

尼崎・安田皮膚科 06 6483 5552

JR尼崎 三宮 塚口 大阪 尼崎 梅田 皮膚科 神戸 美容皮膚科 膿痂疹 芦屋 西宮 阪神尼崎

お知らせ一覧に戻る