お知らせ

巻き爪・陥入爪 皮膚科 美容皮膚科

巻き爪・陥入爪の原因と治療|兵庫県尼崎市 安田皮膚科

巻き爪・陥入爪は、皮膚科や形成外科で治療するケースが多いです。巻き爪・陥入爪の原因は様々ですが、例えばサイズの合っていない小さな靴を履いていると、爪や指先が常に圧迫されてしまい、巻き爪・陥入爪が発生してしまいます。一方で、深爪で爪を短く切り過ぎてしまうと、皮膚が盛り上がってきて爪の縁が食い込んだ状態となり、巻き爪・陥入爪になってしまいます。自分に合わない靴を履いて、かかと中心の歩行担っている人、日頃からあまり運動していない人も、地面からの圧力を受けず、爪が広がりにくくなり結果的に巻き爪・陥入爪になってしまいます。巻き爪・陥入爪の原因は、日々の生活習慣にあるといえます。尼崎・安田皮膚科では日々巻き爪・陥入爪の診療を行っております。巻き爪・陥入爪のことなら気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

 

巻き爪・陥入爪の治療法は、主に保存療法と手術療法とがあります。巻き爪・陥入爪の保存療法には、クリップ法とワイヤー法があります。また爪に綿を挟むことで食い込みを緩和するコットンパッキングという方法もあります。巻き爪・陥入爪のワイヤー法には主に、VHO矯正と弾性法があります。VHO矯正は、VHO専用ワイヤーを爪の形に合わせてカットし、巻き爪・陥入爪の両サイドから専用フックで巻き上げて固定します。巻き爪・陥入爪の弾性ワイヤー法 は、痛みがなく、比較的装着も簡単です。つけた日から稼働が可能ですが、曲がった爪の2ヶ所に穴を開けて装着するので、爪が伸びていないと装着できません。曲げても直線状に戻る特殊合金製のワイヤーを通し、矯正します。尼崎・安田皮膚科では日々巻き爪・陥入爪の診療を行っております。巻き爪・陥入爪のことなら気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

 

尼崎・安田皮膚科 06 6483 5552

 

一方で、巻き爪・陥入爪の手術療法にはフェノール法や抜爪療法があります。巻き爪・陥入爪のフェノール法は指の付け根に麻酔をして、巻いている爪の先端から根元まで切除した後に、その切除した部分からまた爪が生えてこないように、爪母細胞をフェノールで処理する保方法です。巻き爪・陥入爪の抜爪療法は巻き爪・陥入爪のフェノール法のフェノール処理過程の無いもので、抜爪した後に正常に生え変わるのを数ヶ月待つ方法です。尼崎・安田皮膚科では日々巻き爪・陥入爪の診療を行っております。巻き爪・陥入爪のことなら気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

 

最後に巻き爪・陥入爪の家庭でもできるセルフケアの方法をご紹介いたします。それはテーピングです。テーピングによりで爪と皮膚の間に隙間を作り、爪が食い込まないようにする方法です。巻き爪・陥入爪のテーピング方法は、粘着性伸縮テープを爪が食い込んでいる皮膚に貼って、テープをらせん状にねじりながら引っ張って足の指に原方法です。また巻き爪・陥入爪の保存療法でお伝えしたコットンパッキングという皮膚に食い込んでいる爪の角に綿を詰める方法もあります。です。家庭でも手軽にできますが、詰める際に痛みを伴うケースが多く、クリニックで処置するほうが良い場合が多いです。尼崎・安田皮膚科では日々巻き爪・陥入爪の診療を行っております。巻き爪・陥入爪のことなら気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

 

尼崎・安田皮膚科 06 6483 5552

JR尼崎 三宮 塚口 大阪 尼崎 巻き爪 梅田 皮膚科 神戸 美容皮膚科 芦屋 西宮 阪神尼崎 陥入爪

お知らせ一覧に戻る