お知らせ

とびひ 皮膚科 美容皮膚科 膿痂疹

とびひ(膿痂疹)|兵庫県尼崎市 安田皮膚科

とびひは皮膚科では膿痂疹と呼ばれ、皮膚科外来ではよくみる疾患の1つです。とびひ(膿痂疹)は細菌が原因で起こった炎症で水ぶくれができてしまう病気です。あせもや虫さされや体のかゆみなどなんらかの原因で皮膚をかきすぎると皮膚が傷んでしまってとびひ(膿痂疹)は発症し、全身に広がりうるのがとびひ(膿痂疹)です。尼崎・安田皮膚科では日々とびひ(膿痂疹)の診療を行っております。とびひ(膿痂疹)のことなら気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

尼崎・安田皮膚科 06 6483 5552

 

 

とびひ(膿痂疹)は感染力があるので、お子さんに感染したとびひ(膿痂疹)がご家族やお友達にうつってしまったり、学校や幼稚園で広がることもあります。とびひ(膿痂疹)は感染の拡大に注意が必要です。主には傷口を触ることで広がっていきますので、傷口のケアを行いながら感染防御を行うようにしていきます。尼崎・安田皮膚科では日々とびひ(膿痂疹)の診療を行っております。とびひ(膿痂疹)のことなら気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

尼崎・安田皮膚科 06 6483 5552

 

 

 

とびひ(膿痂疹)を改善するには皮膚にいる細菌を退治する必要があります。そのため抗菌薬の飲み薬などを適切に用い、体の内と外から治療を行うことが必要です。薬局で売られているお薬は炎症を除去するものが主体で、根本治療に適した薬はありません。必ず皮膚科の医師の受診が必要です。尼崎・安田皮膚科では日々とびひ(膿痂疹)の診療を行っております。とびひ(膿痂疹)のことなら気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

尼崎・安田皮膚科 06 6483 5552

JR尼崎 三宮 出屋敷 塚口 大阪 尼崎 梅田 皮膚科 神戸 美容皮膚科 芦屋 西宮 阪神尼崎

お知らせ一覧に戻る