お知らせ

水虫 爪白癬 足白癬

水虫治療|兵庫県尼崎市 安田皮膚科

尼崎・安田皮膚科では日々多数の水虫の診療をしています。水虫とは、皮膚で白癬薗という真菌が増えて起こる皮膚科の病気です。足で増えれば水虫といい、陰部ならインキンタムシといわれます。白癬菌は湿った所を好み、1日中靴を履いている人の足などは増えやすいです。足白癬、手白癬、爪白癬があり、爪に入ると爪が厚くなり、白く濁り、もろくなります。足白癬にも、指の間がただれたりする趾間型、水ぶくれができる小水疱型、足の裏が分厚くなる角質増殖型などがあります。水虫の診断は顕微鏡で剥がれた皮膚を検査して、白癬菌がいるかどうか調べます。尼崎・安田皮膚科でも顕微鏡検査が可能です。尼崎・安田皮膚科では水虫の診断・治療を日々皮膚科外来にて行っております。水虫の診断・治療に関して気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

 

尼崎・安田皮膚科

06-6483-5552

 

 

水虫と診断された場合、尼崎・安田皮膚科では日々のケアについてもお伝えしております。毎日石鹸で足を洗うこと、足の風通しをよくすることなどを尼崎・安田皮膚科ではお伝えしています。尼崎・安田皮膚科では水虫の診断・治療を日々皮膚科外来にて行っております。水虫の診断・治療に関して気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

 

尼崎・安田皮膚科

06-6483-5552

 

 

水虫の治療は、基本的に1日1回の水虫用の外用薬になります。爪の水虫や、負質増殖型の水虫には、内服薬が必要になることもあります。水虫の薬は、皮膚が荒れているところだけでなく、足全体に広めに塗ることが必要です。また水虫の症状がなくなっても根気強く薬を塗りつづけることがポイントです。尼崎・安田皮膚科では水虫の診断・治療を日々皮膚科外来にて行っております。水虫の診断・治療に関して気軽に尼崎・安田皮膚科にご相談ください。

 

尼崎・安田皮膚科

06-6483-5552

インキンタムシ タムシ 三宮 塚口 大阪 尼崎 形成外科 梅田 水虫 爪白癬 皮膚科 神戸 美容皮膚科 西宮 足白癬 阪神尼崎

お知らせ一覧に戻る