粉瘤(ふんりゅう)とは

粉瘤(ふんりゅう)とは、できものやニキビに似た、最もよく見られる皮膚腫瘍でアテロームとも呼ばれます。「脂肪のかたまり」と言われることもありますが、脂肪腫とは別のものです。

皮膚の中に袋状の構造物ができてしまい、その袋の中に古い角質や皮脂がたまってしまうことでできます。放置すると赤く腫れ上がり痛みを伴ったり、不快な臭いが生じる場合があります。

自然に治癒することがなく薬では治せないため、患部を切除したりくり抜く治療が一般的です。

粉瘤の症状の特徴

  • ドーム状に数ミリ~数センチ盛り上がった皮膚の真ん中に、開口部と呼ばれる小さな黒い点がある
  • 出来始めは気がつきにくくできものやニキビと間違いやすいが、時間がたっても自然治癒しない
  • 時間がたっても大きさが変化しない場合と、徐々に盛り上がりが大きくなる場合がある
  • 大きくなって炎症が起きたり化膿したりすると、赤く腫れ上がり痛みを伴ったり、臭いが生じるようになる
  • 顔や足の裏、背中など皮膚のどこにでもできる

なぜ粉瘤ができるの?

粉瘤は皮膚の中に袋状構造物ができることで発生しますが、なぜ袋状構造物ができるのかという原因ははっきりとわかっていません。打撲や外傷などの怪我や小さな傷などから皮膚が内側にめり込むことが袋状構造物ができるきっかけの一つとも考えられているため、虫刺され・ピアスの穴・ニキビの跡なども原因の一つとも言われています。良性腫瘍のため悪性化することはほぼありませんが、まれに癌化したという報告もあります。

粉瘤の治療法は?

粉瘤はサイズが小さくても自然治癒せず薬でも治せないため、基本的に外科手術となります。粉瘤の大きさが数ミリ程度の場合は、「くり抜き法」と呼ばれる皮膚に開けた小さな穴から袋ごと吸い出す方法を行います。傷跡が目立ちにくく、短時間で終わるため日帰り手術が可能です。粉瘤のサイズが大きい場合は切開手術を行いますが、いずれも保険診療で受けることができます。

くり抜き法

  • 数ミリ程度の小さいサイズの粉瘤
  • 小さな穴から袋ごと内容物を吸い出すので傷跡が目立ちにくい
  • 短時間で終わるので日帰り手術が可能
  • 炎症があっても施術できる
  • 縫合しないため完治までやや時間がかかる
  • 内容物が吸い出しきれなかった場合、再発する可能性がある
  • 保険適応

切開手術

  • 数センチ程度の大きくなった粉瘤
  • 粉瘤の直径と同じくらいの切開が必要
  • 切開後縫合し、約1週間後に抜糸
  • 袋が破れなければ確実に完全摘出できるので、再発が少ない
  • 保険適応