アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う湿疹が出て、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。多くの場合、乳幼児期に発症し成長とともに治りますが、大人になるまで続くことや一度治った人が再発することもあります。

アトピー性皮膚炎の湿疹の特徴

  • 赤みがある
  • じゅくじゅくして水分が多い
  • 長引くと皮膚が硬くなって盛り上がったり、ごわごわした状態になる
  • 左右対称にできることが多い
  • 年齢によって湿疹の出やすい部位・傾向が変化する

乳児期~幼児期

頭や顔に多く湿疹が発生し、幼児期にかけてだんだんと身体や下肢に広がり始めます。特に肘・膝などの関節部分にできやすく、皮膚の乾燥が目立つようになります。

思春期~青年期

顔や胸、背中、肘など上半身に湿疹ができやすくなります。

なぜアトピー性皮膚炎になるの?

アトピー性皮膚炎は、いくつもの要因が重なって影響する「多因子性」の病気です。アトピー素因や皮膚のバリア機能が低下することによって生じる「体質的な要因」と、アレルギー症状を起こす物質(アレルゲン)や皮膚への外部刺激などによる「環境的な要因」があります。

ご家族にアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどの人がいると、体質を受け継いでアレルギーを起こしやすくなる場合があります。また、実際に本人がそういう病気にかかった経験がある場合も、アレルギーを起こしやすい体質と考えられます。このような体質のことをアトピー素因と呼び、体質的な要因の一つに含まれます。

体質的な要因

アトピー素因、皮膚のバリア機能低下

思春期~青年期

【アレルゲンによる刺激】食物、ダニ、ほこり、カビ、花粉、動物の毛やフケなど

【アレルゲン以外の刺激】汗、衣類による摩擦、乾燥、ひっかき傷、洗剤など日用品、化粧品など

【その他】寝不足、過労、ストレスなど

アトピー性皮膚炎の治療法は?

アトピー性皮膚炎の治療は、①スキンケア ②薬物療法 ③悪化要因の対策の3つが基本となります。完治できる治療法はないため、症状がない、もしくはあっても軽微で日常生活に支障がない状態を維持することが目標になります。正しい治療を行うことで症状をコントロールして、湿疹などの症状が出ない状態にすることができます。

アトピー性皮膚炎の治療の基本

【①スキンケア】皮膚の清潔を保ち、うるおいのある状態を保つこと

【②薬物療法】皮膚の炎症を抑える治療

【③悪化要因の対策】環境中の悪化因子をみつけ、可能な限り取り除くこと