多汗症(重度の腋窩多汗症)とは

多汗症の中で脇に局所的に汗をかくものを「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」といいます。
腋窩多汗症は、日本人の多汗症全体のおよそ半数を占めるといわれています。
重度の原発性腋窩多汗症のボトックス治療、塗り薬(エクロックゲル)については保険診療での治療が可能です。

保険適応の診断基準

腋窩多汗症の診断には、原発性局所多汗症の診断基準が用いられます。

原発性局所多汗症の診断基準

明確な原因がわからない過剰な局所性発汗が6カ月以上持続していることに加え、下記6項目中のうち2項目以上を満たす場合、原発性局所多汗症と診断します。

  • 両側で、かつ左右対称に多汗がみられる
  • 多汗によって日常生活に支障が生じている
  • 週1回以上の頻度で多汗エピソードがみられる
  • 25歳未満で発症した
  • 家族歴がある
  • 睡眠時は局所性の発汗がみられない

重症かどうかの診断基準

  • 発汗は全然気にならず、日常生活にもまったく支障がない
  • 発汗は我慢できるが、日常生活にときどき支障がある
  • 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
  • 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

上記の3,4は重症の多汗症と判定されます。

ボトックス注射

脇の皮膚にボトックスを注射します。ボトックスは、神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を阻害し、汗腺への情報伝達を遮断すすることで発汗量を減少させます。
ボトックス注射による発汗抑制効果は、個人差もありますが通常注射後2、3日で現れ、4~6ヵ月程度効果が持続します。

エクロックゲルについて

エクロックゲルは日本初の保険適応の原発性腋窩多汗症用の外用薬です。
1日1回両脇にゲルを塗布することで、アセチルコリンが汗腺を刺激するのをブロックすることで発汗を抑えます。